《魚コード》が泳いていく先

ところで。
ファンが首を長くして待っていた新しい「明和電機ジャーナル」が届けられました!

 
18・19号合併版です。
テキスト量多いです。
特集は『魚コードのコピー問題』。
 
発刊が遅れるのはよいことではないけれど。
社長・・・(リアル株式会社法人社長だし!)・・・を信じ楽しみに待っていました。
この形態のジャーナルは、社長の熱意とお考えではじまったことですから。
 
『魚コードのコピー問題』は、正直あまりピンときていない部分も多くて。自分はうまくまとめてのみこめていないかもしれません。
 
いえ、テキストを読めば社長の姿勢と思いはよく読み取れます。そして社長の粘り強さに感心すると同時に、もちろんファンとして社長の立場に添いたいです。
 
(しかし、まず、フライングタイガーへ行ったことありませんし、お店としてほとんど興味が持てない・・・;
 
*****
明和電機をある意味表象する製品(商品):魚コード。
 
きみらはどこから来たんだっけ。
 
社長が深層から釣り上げた作品、というよりは、明和電機という輪のなかからひょっこり生まれたらしい製品。
明和電機をはじめて浅く知った当初、魚コードがおもしろくて、そこから明和電機もおもしろいんだろうなー、興味深いなー、と思った記憶があります。(オタマトーンからファンになる何年も前)
 
20周年記念の商品として、USBケーブルとなってよみがえったとき。魚コードが選ばれた意外性と、納得するしかない「らしさ」を感じました。そして、らしすぎてちょっと退屈にさえ感じました。
 
また、ゆっくり今号ジャーナルを読みましょう…。そして今後の展開も待ちましょう。
 
魚コード。 きみらは あおいしろいそらのなか どこへ泳いでいくのだろう?
 
*****
今ジャーナル、INDEXとして昨年2017年の活動がしっかりまとめられていて、貴重でありがたいです!
次号も楽しみにしています!(首を長くして!
 
*****
大分市美術館での「ナンセンスマシーン展」が終わり。
 
 (撤収・・・大移動・・・大搬入)
 
10月6日からは長崎県美術館へ!
 
(「ナンセンスマシーン展」が行われる街は、特別だわー。((たぶん前にも書いたわー。
 
*****
昨日まで、上海で"明和電機Popupshop"が開催されていたとのこと。
 
中国のSNSに、ついにアカウントをつくってしまいました。情報を検索できて楽しいです。
 
同じころ、毛不易さんが上海で初めてのソロコンサートを成功させたそう。
(若い異国の青年に自分がここまではまるとは(詳細略))
 
明和さんの中国での活躍もまたきっとあることでしょうし。
中国語、すこしでもいいから理解できるようになりたいな。(・・・難しそうです;

社長三昧な二日間

この金曜日と土曜日、明和電機関連イベントが3つありました。
 
まず、無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJIでの企画展「無印良品明和電機をくらべた展  ナンセンス計測のこころみ」関連社長トークイベントがふたつ。
https://www.muji.com/jp/events/7108/
 
金曜日のトークは、この企画についての「理論編」として、魚器シリーズからダダ・シュルレアリスムのオブジェ、道具論、無印良品との比較の詳細など。
土曜日は、展示物を社長が実際に使用しながら解説するという「実践編」でした。
 
展示内容は撮影&拡散OKということで、たくさんネットで見ることができます!
バーバラ・アスカさんのtoggeterまとめ: https://togetter.com/li/1126297
 
トークイベント、両日とも参加することができました。
 
小規模なスペースでの展示なので、「明和電機製品と比較しうる無印製品を並べて展示した、さらっとした企画なのかしら」、などと想像していましたら。
展示を拝見し、さらに社長トークを拝聴するに及んで、社長の企画思想とその掘り込みの深さに驚き、感服することになりました…。
 
メモ(双方のイベントを通じて):

  • 映画「2001年宇宙の旅」オープニングシーン。”なんでもないモノ”が気づきによりツールになり、コンテンツに。ツールは世界を変え、コンテンツは世界を拡げる。
  • 産業革命以降のモノの量的爆発。デュシャンがツールをコンテンツ(芸術)として展示。現代美術のデュシャン呪縛。それを抜けるためひらめいた「魚コード」シリーズ。コンテンツでもあるがツールでもある。コンテンツにファンクション(機能)を付け再び使えるものに。
  • 日本の「道具」。ツール+道。使うことで”生”や”営み”を探求。<−花道、茶道など
  • 肺魚》《魚打棒》《弓魚》は明和電機をはじめる前に制作した「三種の神器」。
  • 無印良品との共通点(あるいは伝統的日本食)。しぼりこむ、そぐこと、限られた素材を使うことで、シンプルにしファンクションをむきだしに。その後に広く展開。
  • 「ナンセンス=明和電機無印良品」と思っていたが、分析すると無印良品にもナンセンスがあった。
  • 第一次世界大戦後、イズム(主義主張)がたくさんでてきたが、それらへの反動としての反芸術(ダダ)・シュールレアリズム運動。

  
展示されていた製品についての具体的な発想のプロセス解析・説明もそれぞれ超ディープでした。(今回の記事では省略します(オイ)。)
興味深かったのは、明和電機製品に比較する製品が存在しないのに、「もし無印良品があるなら」という仮定のもと実際に明和電機が発案しつくってしまったがものの展示もあったことです。
ボツ製品・・・無印製品(ハンガーとくつひも)のみでつくられたボウガンがかっこよくてよくできていて、社長実演でシャープに飛んで、驚きでした。
 
*****
昨日のトーク前に、無印良品 有楽町店3F(インテリア中心)をぶらぶらしました。モジュール的・箱的世界の広がりに強い印象を受けました。
思わず、イベント開始前にあらかじめ配られ回収された社長への質問用紙に、「無印良品に対してライバル心を感じますか?」と書いてしまいました。
 
今回の展示は、展示台の製作から施工すべてを明和電機さんが行ったそうです。
折りたたむことができるという白い素敵な展示台もファン必見です。
 
*****
もうひとつのイベント、土曜日に銀座三越で行われた「明和電機の浴衣作るぞ!トークショー 」については、また後日に〜。(たぶん)

超常識機械

昨日、有給休暇をとり、大阪のナンセンスマシーン展へ行ってきました。

 
1回きりの鑑賞、ということで、ゆっくり落ち着いて見ることができるよう、イベントのない平日を狙ったのでした。
 
以下、感じたことなどを中心につれづれメモ。
 
*****
ツクバの楽器たち。30分に1回、自動演奏されていました。会場中に響き渡るいい音! 
カラオケ用に用意されたデータでしょうか。担当工員さん(臨時?)が選曲し駆動してくれていました。
歌っている人(社長)がいないと、編曲がどのようになっているか、よく聞こえて新鮮です。
そして、自動演奏のたびに、行けなかった先日のカラオケイベントをしのんで脳内ひとりカラオケ状態。
 
入ってすぐ、明和電機について社長が丁寧に説明するビデオが流れていました。
比較的最近に撮影されたもののようです。入場するなり、見入ってしまいました・・・。 
(ツクバ自動演奏が始まると社長のお声が聞き取れません…。それもなんだか不思議な感じ。)
 
VOICEシリーズ。
セーモンズさんやワッハさんに囲まれる贅沢な空間。
貴重な生スケッチが何枚も展示されていました。
それから、以前作られたのであろう人工声帯の試作品たち。


 
魚器。GMがメインの展示でした。
意外にも物足りなさは薄く、魚器の概念が端的に立ち上がっているよう感じました。
GMは売るために作られたものたち。古さを感じさせずきれいなものが多いのです。

《ウオノメ》のレンズ回りって。とても魚の眼ぽいんですね・・・などといまさらの感心。
 
エーデルワイスシリーズの展示。
まだ見ぬものたち見たいものたちがあるのよ。上海で展示された《プランター》や…。
などと思うものの、頭を巡らすだけで魅せられ見惚れるものがたくさんのスペースです。
社長はこのように繊細で装飾性が高いものを高度にイメージされる方なんだな・・・。この感慨は、展示を観るたびに深まります。
 

巻き毛の新入りさんのボク。
増殖したニュートン銃。
《泣き羊》の額などが黒く塗装されていました(たぶん意味がある)。
 
ガソリンエンジンで動く《プードルズヘッド》の下あごの刃先が丸くなっていることに気づき、戦慄。

いったいどれほどの衝撃がかかったのでしょう…。
 
*****
スケッチライブラリー閲覧にすこし時間をかけました。
これについては、また・・・。
 
*****
この土日までですね。大阪ナンマシ展。あと二日。
盛り上がることでしょう。大阪。
イベントへ行かれる方へ、何か託すような気持ち。
 
(たった半月ちょっと、というのがもったいないです。)
 

魚コード

1990年代なかば。
「魚コード」っていう魚の骨の形を模した延長コードがあって。
明和電機という作業服を着た二人組が作ったことは知っていました。うすぼんやりとだけど。
「なこーど」と読むことは知りませんでした。
 
アニエス・ベーさんが気に入ったのなら。きっとセンスのある人たちなのだろうな。
 
ファンになる前はそんなことしか知りませんでした。
 
「魚コード」って。何と何をとりもつ意味だったのだろう。
オスとメス? (ってそのまんまで安易?)
 
*****

不謹慎ならくがき。(どのくらい不謹慎なのか測りかねるけれど。
(そして、電話機が製品につかわれているものとちがいますね。どうしてこの電話機をかいたのだろう?自分… (後日追記))
 
*****

明和電機 魚コードのできるまで

明和電機 魚コードのできるまで

社長の本「魚コードのできるまで」(2002年)。
魚コードが生まれるきっかけや経過が紹介されています。
 
オリジナル一点ものの魚コードと。商品化された魚コードの仕様。
オスメス頭としっぽが逆なんだなー( <− いろいろ遅れてます。)
 
魚器のなかで、魚の頭骨が具体的に現れるドスコイや魚立琴は、いずれも魚コードと同じく、『日本のオキモノ』の鯉の顔がモチーフになっているのですね。そういえば。
 
「魚コードのできるまで」。
時間をかけてつくられた、図がとても多い発想本。
 
この本のタイトルが、なぜ「魚コードのできるまで」というのか。
実は、それが理解できていません...。

腕立て伏せが上手な魚

いま読んでいる本。人体進化について書かれた本の文庫化したものなのですが、ティクターリクという魚が出てきます。
3億8千年前の地層から化石が発見された古代魚
 
Wikiがありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%AF
 
頭がワニみたいで、肩関節があり頭部を上下左右に動かすことができ。
胸びれが、まるで両生類〜哺乳類と共通する仕組み・・・肘関節と手首関節をもっているのです。
 
両生類へと進化する、過渡期的な生物。
海にいた巨大肉食魚に追われ、浅瀬に棲み、「腕立て伏せ」が上手だったそう(骨格的に)。
 
おもしろいですね!
この魚の化石が発見されたのは、2004年だそうです。10年も経っていません。
 
院生の時、魚の進化についての講義も受講されていたという土佐信道さん。
 
もし、そのときまでにこの魚の化石が知られていたら、きっと講義でとりあげられたでしょうから。
「オタクギョタク」にこんな魚も混じったのではないかなー、なんて想像。
 

途中ですがおもしろい本です。

型があっても。難しいと思う…
明和電機パチモク。
 
社長の芸の動画を改めてじーと拝見。
 
社長が仰るように型がたしかにあるけれど、顔の向きなどかなり細かい仕草があり、コピーするのは素人には難しいだろうな、と嘆息。
(いえ、コピーしようと思ったわけではないのですが。)
 
*****

動画を止めながら、シルエットで小さくざっくりスケッチ。
 
パチモク芸を描こうとするとよくあることですが。
パチモクの翼をすこし長くしすぎてしまいがちです。
 
丁寧にデータをつくれば、紙や布の模様になりそうですね。
明和電機や明和製品のシルエット。
 

月見

昨夜はさやけき中秋の名月でございました。
 
このらくがきシリーズは一年以上ぶりです。 

「一年に一度はパチモク(指パッチン木魚)を見といたほうがいいよ。あれは縁起もんだから」その12:月見編
 
これまでかいた当らくがきシリーズタイトルのまとめ。
その1 文様「宝尽くし」
その2 船上より
その3 熱帯雨林キャノピー編
その4 宇宙編
その5 こたつ編
その6 サーカス(スーラ)編
その7 桜吹雪編
その8 南極編
その9 騎龍編
その10 田植えが終わったばかりの水田編
その11 稲刈りの頃
http://d.hatena.ne.jp/Fumiba_m/searchdiary?word=%A4%A2%A4%EC%A4%CF%B1%EF%B5%AF&.submit=%B8%A1%BA%F7&type=detail
 
かきなぐっているおえかきばかりなので、いつか、もすこし丁寧にかきなおしたいです。